トップ霊能者対談<終わりなき探究>2012.6.16-3

続き。
引用文が海外の霊能者さん。
返事を書いているのがワタシ。
===

下記についてはまだまだ精査が必要ですね。
こちらの検証では妥当性が33%です。
困難な課題に立ち向かっておられますね。

> 本日の幼子の脳死判断から、移植手術がおこなわれている、というニュースから派生です。
> まず、衝撃の事実、宇宙システムには、「移植」という存在が無い!!
> 偽の仕業。
>
> ところで、人の死について、検証しました。
>
> 死には4通りの様子があるようです。
>
> 寿命、つまり肉体が消えていく  14%
> 自殺 57%
> 他殺 21%
> 誘拐     8%
>
> 「自殺」は、先の低次元意識体さん大好き、とか、呪っちゃう人たちが含まれます。
> 「他殺」は、殺人、または間接的に、というものも。今の日本は「他殺」に追い込まれようとしている確率は68%まで。3.11前は21%でしたね。真を知らずに生きていた日本人が色々と気づいた、潜在意識にも顕在意識にもこの「他殺感」が増幅してしまった。
> 「自殺感」は、89%ですよ!!!
>
> 「誘拐」とは、宇宙システムからの「ご招待」と「追放」。
> 地球人として生きることを許してもらえない、良きにも悪きにも、だそうです。
>
> 「追放」
> 低次元意識体とリンクして、いわゆる死神到来。肉体を滅ぼす。魂は彼らに連れ去られ 、
> ある意味半永久的に低次元にとどまるが、ここからの来世を始める。
> 3428グループが「死神」の役に携わっています。
>
> 低次元意識体は、 それぞれの宇宙システムのある「次元」に対して、マイナスから、二次元までに対応しています。
>
> 「ご招待」
> 今世で完成した、成長した、カルマの完了と認められた魂が、招待されるらしい。
> しかし上から一方的に肉体から魂を持ちあげることはない。ハイヤーセルフが確認を取り、
> 潜在意識へ問い合わせがやってくるようだ。
>
> ***************
>
> 「死後の世界」 というのは、
> どこかに、死んだものが集まっているスペースに移動するという観念はなく、
> 肉体を離れた魂はそれぞれにふさわしいところへとおもむく。
> 宇宙システムに配属されるものもあれば、高次元意識体、低次元意識体のグループへ
> 加わるものもある。
>
> *****
>
> ビックバン理論は88%正しいとみられます。12%は誤りあり。
> 宇宙には始まりがあり、爆発のように誇張したのは全体の38%。
> 現在まで、地球人が把握した宇宙とは、全宇宙の42%。
> この42%は、すべて爆発のように誇張した部分。
>
> ビックバンの外がある。
>
> 未解明の58%のなかに、知的生命体のあるほしが842程存在する。
>



--

白鳥ピヨミィン先生 より
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿