■香功(Xiang Gong/シャンゴン)霊視改善レポート 「真・金龍擺尾」

■香功(Xiang Gong/シャンゴン)霊視改善レポート「真・金龍擺尾」

By 第2回【武術気功と霊能気功の自主研修会】受講者

<はじめに>
香功は練功中に芳ばしい香りを感じることができる人もいることから「香功」と呼ばれ、その正式名称は中国仏法芳香智悟気功という。
2000年余年に渡って弟子から弟子へ秘伝されてきた仏法気功で、これを1988年に田瑞生(でんずいせい)師が洛陽で公開したものが、一般に広がったようである。
香功には、3つのランクがあり、現在では、主に初級が香功として気功関連書籍などでも紹介されている。中級までは手順を簡単に入手することができるようだが、さらに上の高級というランクに至っては、一般に公開されていないようである。

香功は「調息(呼吸を整える)」や「意守(イメージを保ち続ける)」を意識して訓練する必要がないほど洗練された功法とも言われており、その単純な動きにもかかわらず、極めれば身体全体が丹田となることが期待されている。
その効果は絶大な気功法として宣伝され、普及している。

さて今回は【武術気功と霊能気功の自主研修会】の中で、香功(初級)の第一番目に行う金龍擺尾について霊視を試み、本来あるべき姿を蘇生することにチャレンジすることになった。

中国で伝来されている情報と、霊視修正した「金龍擺尾」についての比較を、簡単にまとめておく。

【その1:金龍擺尾(きんりゅうはいび)】
金龍擺尾は、金の龍が尾を振る動きを表現している。

▼一般的に普及している金龍擺尾の動作▼
足を肩幅に広げて立つ。
合掌した指先を前方に90度傾け、指先に力を入れて手のひらはつけないようにする。
その状態で、左に45度、右に45度、左右に動かす(手首だけで動かさない)。
これを左から始め、36回行う。

この情報だけでは、腕だけを使うダサい運動のようになってしまいがちである。
素人であれば単なる手首のストレッチ。
あわよくば合掌した姿勢の悪いおじいさんが右に左に拝み倒すだけのインチキ臭い運動になってしまいかねない。
肩までしか動きが伝わらない場合も多い。
自分の気を指先から放出する感覚で行ってしまう人もいるだろうし、どこからも繋がっていない、練られてもいないナンチャッテな気が細々と指先からお漏らしされてしまいかねない。
文字面では簡単な動作なので、あっという間に36回が終わってしまい、ありがたやーとインチキ臭く左右を36回拝んで「どこが金の龍が尾を振る動きなのだろう?」という感じになってしまうことが心配でならない。

▼霊視後の金龍擺尾の動作▼
大地にしっかりと足をつけて立つ。
強めにドンドンと足を床に踏みななおしてもいいだろう。
二つの足の裏の感覚を終始保持し、絶対に足の裏をその場から離してはいけない。
大地と一体になったと覚悟するべし。
大地に両足をしっかりつけて、自分はここにいるぞ~というイメージをもってもいい。

敢えて指先から手のひら(と手首の境)まで力を入れてぴったりとくっつけた合掌をする。
敢えてぴったりとくっつけた合掌は、絶対に離してはならない。
脇は締めずに、縦に握った拳が一個入るくらいに空ける。
合掌した手の、手首の位置は鳩尾の前方におく。
合掌の指先を前方に90度傾ける。
まずは指先だけを、尻尾の先が細かく振動するようにクネクネと(金魚運動のように)左右へ振っていく。
その振りを徐々に大きくしていき、指→手のひら→手首→腕全体へと振りを繋げていく。
両足と大地の意識を維持したまま、合掌の指先が大きく大きく振れていく流れに上半身全体が追随していくまで繋げていく。
このとき初めて、大地に根差した丹田をコアとして指先までが繋がった、まさに龍の尻尾のような動きが生まれる。
続けていくうちに丹田が猛烈に活性され、全身から気が立ち昇ってくる。
これこそが「真・金龍擺尾」と言えるのだ。
「真・金龍擺尾」に至ってから36回を数えるとよいだろう。
これまでにない、気の充実を目指してもらいたい。


==参加者からの感想==
大地にしっかりと足をつけるところから、違いますね。
グラウディングする感じで足を肩幅に広げて立ち、まずは大地につながったことで一本の芯が通った気がします。
次に合掌した指先を左右に振るところは、一瞬戸惑いながらも、さらに大きな振りになっていくと、丹田まで動きが伝わっていき、活性化されていくのがわかります。
もうこれだけで、身体全体が丹田になりそうです!!!
現在、普及している金龍擺尾と、今日教えていただいた金龍擺尾ではその差は歴然。エネルギーが違います。
今までやっていたのは、なんだったんだ~という感じです。

今回、一番目の金龍擺尾だけで、もの凄い効果を感じたので、この先どうなっていくのでしょう・・・!?とても楽しみです。
==
以上
スポンサーサイト

テーマ : セラピー&ヒーリング - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿