★新∞九字☆空海直伝←西暦2,000年~2,500年の作法

★新∞九字☆空海直伝←西暦2,000年~2,500年の作法

臨兵闘者 皆陣烈在前

結界の構築、物質の波動メモリー消去、瞑想を深めるといった効果が期待される真言である。

使用者条件:魂の流れに真言宗がある人、もしくは真言宗の根源力とアチューンメントされた人
アチューンメント料金:魂の流れに真言宗がない人のみ8万円

作法
0:使用の目的、あるいは的を明確にする。
1:空海が所有する「金剛不壊の刀」を自らの右手に持つ。
2:左手に「金剛不壊の刀」の鞘を持つ。
3:刀を腰の鞘に納める。
4:心の中、または声に出して「キェー!」と長めに気合いを発して、刀を抜く。左手は鞘をもって腰に当てたまま。
5:左上から臨(タテ)、兵(ヨコ)、闘(タテ)、者(ヨコ)、 皆(タテ)、陣(ヨコ)、烈(タテ)、在(ヨコ)、前(タテ)と碁盤の目に切っていく。
6:鞘と刀を目の前で合わせるように、刀を鞘に納める。グーとグーを目の前で合わせた形、もしくはチョキをグーで握った形になる。
7:合わせた両手を胸の前に近づける。視線は九字を凝視しておく。
8:九字を凝視したまま、その九字に対する目的や念を両手に込める。
9:「ハ!」と気合をかけて両手を前に突出し、九字を目的へ飛ばす。


従来の九字を1000倍のパワーにすることが期待される。
この方式は、西暦1999年以前ではさほどパワーを発揮しなかった。

地球の波動変化に基づく調整である。

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿