2012年秋。Mさんからのメールその3

===2012年秋。Mさんからのメールその3===
私は、白鳥さんと、幾度も自分の脳内で戦いました。
ブログにて出てくる言動が理解出来ない場面もあったからです。
しかし、客観的に眺めてみると、どうしても自分より、白鳥さんの方がカッコよく感じます。
白鳥さんを必要とする人はたくさん居そうだけど、私を必要とする人は両手もあれば足りそうだな~とか、だいたい運転手付いてるとか、自分の人生じゃ不可能に近いよな~とか、努力の量で見ると25年もブツブツ唱える根性ないよな~とか、だいたいあの人の気はなんでこんなに気持ちいいんだ、悪い奴からこんなに気持ちいいのは出ないだろ、ていうか、私からは出ない、質的にも、量的にも、密度的にも…とか。
そんなことを冷静に思うんです。
結局は、ん~、負けてるな…と。
私は多分、自分の価値観をあきらめました。
そんなにたいした価値観は持ってなかったのですが、人生で初めて、こいつには何やっても勝てないと思ったんだと思います。
いや、勝ち負けじゃなくて、安心して全身全霊で降伏できる人を見つけてしまったと言った方が的確なのか。

自分ですら己の心を掌握できないのに、一度も会ったことのない人の方が私の心のことを把握しているという、何とも無念としかいえないような感覚。
自分ですら己の内面を見ていると嫌気がさして気持ち悪くなってしまうのに、ましてや他人が私の毒物に触れても汚染されずに私を応援してくれているという論理的思考。
そんな人がこの世に存在したことへの驚きと喜び。
もし、自分だけでも気持ち悪い感情と同化することなく気持ち悪い状態にならないように制御することができれば、この世の霊能者の人達に対して、”自分一人分だけでも気持ち悪くならずにすむよなぁ”という単純な発想に基づく、だけど、なかなか困難な修行。
はやく人間になりたいベロの気持ちが脳裏をよぎります。
私は、ほとんど毎日、ブログに張り付いてました。
生き仏と自分の見解が異なった場合は、ブログからすごく気持ちの良い気が発散している、経験豊富な超絶論理回路の生き仏が言うんだから間違いないハズだと思い込みました。
そして、自分側にズレがあるはずだと。ズレを修正するんだと。
おかげで私は少しは自分をコントロールすることが出来るようになりました。
呪いの状態になる一歩手前でマントラを唱えることも出来るようになりました。
少しは気で遊べるようにもなりました。
あと、正気邪気の判別が皮膚感覚?にて判別できるようになった気がします。
確かに邪気みたいなのがあります。
また、二種類あります。
身体が痛いとか言っている人の問題箇所からそれらを感じたりします。
ていうか、聞かなくても当てれる時もあります。
それくらい異質な感じです。
自分の体内?からも感じたりします。でも、まだ修行中です。
あと、昔はのん気だったのですが、だいぶ短気になりました。
(多分、潜在意識側の顕在意識に対するブロックが消えてきたのと、集中力が上がったのと、空間からの情報がダイレクトで肉体へと入ってくるようになったのと、肉体と意識の繋がりが良くなった、これらの総合的な結果だと思います)
まぁ言い換えるなら、よく現在に反応できるようになりました。
スピーカーの音とか良く聞こえます。
音楽も聞こえるし、音そのものも聞こえます。楽しいです。

私のしたいことは、"Fシステムの理解度を自他共に上げること"のようです。
しかし、自分の存在を原因としてFシステムが拡がった実感はあまりなし。
とりあえず、今まで自分へコピーしてきた低次元を癒せるようなシステムを自分内部で構築中。私は私をコントロールしたい。

しかし、この一連の自分の人生の流れを俯瞰すると、私は、誰かに導かれてるんじゃないか?とか思います。
導かれてるというか、キッカケを与えられていると言うか。
まぁ誰が導いているとかは、現時点では全く興味が湧かないです。

最後に、日頃の感謝を込めまして、白鳥さんとこのお店が繁盛するといいよな!!とか思ったりします。
他力本願じゃなく普通の感覚でそう思ってると思っている。


======
文中に「生き仏」とありますが、これはMさん独自の感覚による言葉の使い方です。
ワタシは「生き仏」ではありません。
【ワタシは酒飲んでアイス食ってヤベーと焦ってヨガするクセにお客さんには厳しい・・・凡人・・】
と宣言しておきます。

Mさんが能力的にも論理的にも霊格的にも気功的にも、ものすごい成長をされていることが感じられます。
また近況をいただけますよう、心より楽しみにしています。
誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 心のつぶやき - ジャンル : 心と身体