【2012年08月12日★ホラー映画による霊的被害まとめ】

ツイッター繋がりの能力者さん達の協力を得て下記のように、ホラー映画による霊的被害に対応した。

被害者:二十歳前後の女性A子さん。
加害物:ホラー映画。「●ざる●わざる●かざる」とかずっと言ってる幽霊のDVD

被害状況:DVDを見てしばらくしてから全身に、じん麻疹が広がる。

●分析
ホラー映画の霊格は餓鬼界所具地獄界。
特に映画の後半に発する音声波動を

視聴者が耳から入力して

視聴者のアナハタチャクラが本気でビビッてしまう波動を放つ

視聴者の喉のチャクラがシンクロして恐怖の声が出る

視聴者の喉のチャクラが機能低下する。
A子さんの場合の機能低下には、喉のチャクラの回転速度が0.00002回/秒という超低速まで落ちたことが考えられる。
つまり、チャクラの回転が止まりそうということ。

A子さんの喉のチャクラが、餓鬼界所具地獄界の波動を強烈に放ち始める。

悪霊が引き寄せられる。
蜘蛛、ミミズ、カエル、ナメクジ、蛾、トカゲ、ヤモリ、といった類の生物が死んだときに放つ波動の塊<悪霊>がどんどん寄ってくる。

1.5兆体の悪霊がA子さんの喉のチャクラから入り、全身に広がる。

肉体側の反応として、全身のジンマシンの訴えたあった。
さらに若干の足の機能低下があったと推測される。

★対処法
Fマントラで悪霊を浄化

FマントラでA子さんの●からアナハタに進入し、ナーディを経由して喉のチャクラに突入した。喉のチャクラの奥深くまでFマントラを入れていくと、奥底にお化けがいたので、引きずり出してサヨナラした。

ストリームを施術して、霊体の影響を浄化した。

★その後の霊視
A子さんと一緒にそのDVDを観たお友達2名の内1名からも「赤くなってきた」という被害報告あり。もう一名には悪霊は憑いていなかったが喉のチャクラが少し悪影響を受けていた。念のためA子さんのお友達2名も浄化した。

どうやらそのホラーDVD、日本人女性なら約3割が、日本人男性なら約0.3%が、何らかの悪影響を受けるのではないかと霊視される。

浄化した後でも、強烈に思い出す⇒アナハタが反応⇒喉のチャクラが反応⇒霊障の再発、というサイクルが予想される。
強烈に思い出さなくなるまでは、症状の再発があれば浄化を継続することが望まれるだろう。

★あとは
医学的な判断に則って、ジンマシンによい飲食や塗り薬などで対処するしかない。
スポンサーサイト

テーマ : ホラー - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿