駆け出し歌手へのアドバイス

以前の話ではありますが、駆け出し歌手に才能を感じて、霊視アドバイスをしました。
結構、頑張ってダラダラと書いたので、もったいないからブログ掲載いたします。


★2012年、霊視した時点での現状
取り組んでいるジャンル(JPOP系)における歌手としての、生来の才能偏差値:88(最高値)
生来の才能に対する、霊視した時点での才能開花率:3%
つまり、訓練方法を誤っているせいで、97%の才能を無駄にしまっている状態である。

○霊体側の現状
第三の眼:8%開眼(一般人の8倍。強い直感能力あり)
オーラの色:シルバー系レインボー(スター性あり)
オーラの大きさ:8m(一般人の5倍。存在感あり)
肉体がもつ気功的な気の強さ:正気Lv0(一般人程度の弱さであり、歌手としてもったいない)
チャクラ:全て8%と平均的
ナーディ―:全て8%と平均的
クンダリニー:8%と平均的
天の気:閉鎖
地の気:閉鎖
霊体におけるストレスポイント:声帯(歌い方が不自然)

守護霊団:本人の母の母の「母」が一人だけ。人界所具天界だから、まあ成仏とは言える。守護の力はない。

○肉体側の現状
肉体におけるストレスポイント:舌根(いい響きを出すためにストレスのかかった使い方をしている)

歌う時の丹田とその使い方:
第三チャクラを中心に小さいボールを2個、横に並べた分くらいの丹田がちゃんとある。
歌唱時の丹田の使われ方はまっすぐ上方に向かった、黒人系の使い方をしている。
丹田を起点として真っ直ぐ上に首あたりまでパワーが届いている。
これらは今までの訓練とイメージの賜物であり素晴らしい。しかしまだまだ未完成。

○その他
念クロック回数:888回/秒(驚異的な念力の持ち主であり、サイキック的な現象を起こすことあり)

○おススメの無料行法
・気功48手
 http://lotus2m.web.fc2.com/pdfs/qigong_methods_48.pdf
 全てマスターすること。

・28の行法 新時代を生きるためのヨガ
 http://lotus2m.web.fc2.com/pdfs/new_28yoga.pdf
 古代丹田覚醒法(鳴る体、全身丹田、回復力アップのため)
 古代聴覚覚醒法(現状では自分の声に含まれている高い倍音を全く聞き取れていない。聞ければ倍音を豊かにする体の使い方になっていく)
 体幹軸力覚醒法(軸の力が全く使えていない。振りが入ると歌唱レベルが下がる。)
 顎可動回復法(口輪筋にこれまでの悪癖がしみついており、自由に解放していくことで発声が変わる)
 身体バランス覚醒法(軸の意識がまったくできていない。無駄な力が入りまくっているので本来の鳴りが出ない)
 下丹田覚醒法(現在の丹田の下部が全く目覚めていない。これを目覚めさせると低音が豊かになり、高音が伸びる)
 上丹田覚醒法(現在の丹田の上部が全く目覚めていない。これを目覚めさせるとコントロールが良くなる) 

○おススメの施術
月に一回の遠隔ヒーリング「パーフェクト☆クロス←ストリーム★」
http://lotus2m.web.fc2.com/pdfs/healings_from_201103.pdf
霊体側の歪みとストレスを浄化し、肉体側への回復力促進を促していくため。

オーラ・パワーアップLv8までをマイペースで時間をかけて受けていく。
http://lotus2m.web.fc2.com/pdfs/List20110326-2att.pdf
喉と胸のチャクラが開発されていくと、歌の伝わり方が変わるから。
気の強さが上がると、いいことがたくさんあるから。

○有料になってしまうけど、いつか訓練に挑戦してほしいこと
・古代歌唱法+α
 歌い方の次元が変わる。

・気の体を使ったり、霊体コピー技したり、念とか意識とか気とかいうものを総合的に使って空間を歌の世界にしてしまう方法
 これは文章では無理なのでレッスンしないと伝えられない。

以上。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

テネモスの活水器マナウォーター(大)を勝手に霊能診断!

待望の活水器「マナウォーター」が到着した。

一般財団法人テネモス国際環境研究会というところが開発したらしい。
ワタシと↑のテネモスさんとは何の関係もない。
色々と面白い研究をしているようだが、霊能気功師たるワタシが興味あるのは
・水浄化システム(マナウォーター)
・汚染土壌改良システム
・フリーエネルギーモーター
・風力発電

である。
他にも色々と活動しているようであるが、霊能気功師としてはあまり・・・である。

興味ある分野を簡単に霊視をしてみると

・水浄化システム(マナウォーター)
 完成度100%

・汚染土壌改良システム
 完成度1%
 汚染土壌改良システムと言うには早すぎると霊視される。
 生ゴミ処理システム、程度の名称であれば完成度80%を超えている。
 しかし期待感は大

・フリーエネルギーモーター
 完成度33%
 期待感は大 

・風力発電
 完成度43%
 期待感は大

となった。
霊視で完成度100%の活水器と出るのはミラクルにすごい。
なのでネット検索したのだが、原理がさっぱり意味不明である。
大事なことは何も書かれていない。
人を煙に巻くような論理である。

なので腹が立ったので、【特許第3446178号】に関して特許電子図書館で公開されているデータを全文精読し、一文毎に霊視検証してみた。
マナウォーターに関する特許は、上記特許内容の一部であった。
特許の内容全体としては完成度を上げる予知がまだあると霊視された。
しかしやはり、水浄化システム(マナウォーター)の部分に関しては完成度100%なのである。

特許のデータを調べて分かったのは、活水器マナウォーターの内部構造がどうなっているかということである。
「ああなるほど、確かにこうすれば水の圧力が高まり、湧水みたいな感じで出てくるよな」である。
しかし、なぜ、このような構造にすれば水が変質するのか、ということはどこにも書いてないのである。

まるで、こうするとこうなる性質を水がもっていることに気が付いたんだよ理由は分からないけど、って言われているみたいである。

特許の面白さを感じた。

今回、マナウォーター(大)を購入した代理店は、オプティマルライフさんである。
オプティマルライフさんでは、れんげ工房の商品を扱っていただいています。
だからといって特別な割引などはありません。

ワタシはちゃんと、定価購入いたしました

注文してすぐに、活水器マナウォーター(大)が到着した。

購入時のマナウォーター(大)

マナウォーター(大)、購入時の本体は正気Lv8、菩薩界所具菩薩界であった。
このまま接続して出てくる水は、正気Lv_MAX、菩薩界所具菩薩界である。
つまり、全国どこのお宅でマナウォーター(大)を接続しても、正気Lv_MAX、菩薩界所具菩薩界という水になっているということだ。
自宅(東京都)の水道水は邪気Lv7で人界所具畜生界であるから、これは実に画期的なことなのである。
まあ既に我が家においては、高次元意識体を用いた物体アチューンメント【光湧水】を施術していたので波動的には高次元でありなんの問題もないのである。
しかし物理的にも波動的にも良くすることが一番良いのであるから、物理的にも良い活水器マナウォーター(大)を購入したのである。

クリスタル!したマナウォーター(大)

活水器としては何の問題もないけれど、波動的には問題がある。
活水器に使われている炭、珊瑚、強化ポリプロピレンといった素材にも邪気が残っていたりネガティブ記憶が残っていたりするだろう。
活水器をパワーストーンとして考えた場合、新品なのに既にちょっとお疲れ気味、みたいな訳である。
なので、ネガティブ波動を浄化する技「クリスタル!」を活水器マナウォーター(大)に施術した。
するとマナウォーター(大)を形作っているモノ全てが波動的に浄化されたことにより、正気Lv10、仏界所具菩薩界となった。
これは実にすごいことである。
「クリスタル!」を施したマナウォーター(大)を通した水道水は、正気Lv_MAX&仏界所具菩薩界という波動を放つようになるのである。
別に飲んだら悟りを開くとかアホな話は全くない。
触れたり飲んだりする水がもつ波動は、人間の心身に必ず何らかの影響を与えようとするのである。
人であろうと動物であろうと植物であろうと、与える水の霊格は高ければ高いほうがよい。

よく水に「ありがとう」と声をかけて変質させる実験があるだろう。
水に「ありがとう」をやりまくってみると、水の霊格が菩薩界所具菩薩界の方向へ変化しようとするのだ。

活水器マナウォーター(大)に「クリスタル!」をすれば仏界所具菩薩界の波動を放つようになる。
敏感な人であれば、全く次元が異なることを感じるかもしれない。

「クリスタル!」をしても1か月ほどすると、水道水が記憶してきたネガティブ波動を吸って活水器自体の波動が落ちてくる。
マナウォーター(大)には毎月1回の「クリスタル!」がよいだろう。

当然、「クリスタル!」はどの浄水器にも波動的影響を与えようとする。原理は同じである。


水道水専用∞パワーアップ図形を貼ったマナウォーター(大)

テスト作成した【水道水専用∞パワーアップ図形】をラミネートして貼り付けた。
マナウォーター(大)の本体は正気Lv_MAX、仏界所具仏界、さらにネガティブ波動は24時間浄化されっぱなしとなった。
【水道水専用∞パワーアップ図形】はメンテナンスフリーである。
形状が保たれる限り、自己浄化および近くを流れる水道水を浄化し続けようとする。


マナウォーター(大)をカバーで保護
オプティマルライフさんで紹介してもらった業者さんによる施工中のマナウォーター(大)。
塩ビのパイプでガッチリと保護。

マナウォーター(大)をカバーで保護2
下部を土に埋めておくようだ。

マナウォーター(大)の設置完了

マナウォーター設置完了!


通水すると事件発生!

家中の蛇口から臭くて黒い水があふれ出したのである!

トイレからもシャワーからもキッチンからも!

臭いわ黒いわ臭いわ黒いわ!!!!!!!


ま、取り付け業者さんに聞いてみると、そういうことは良くあるそうで、活水器マナウォーターを取り付けた場所から蛇口までの水道管内部にある汚れが、マナウォーターの洗浄力で流されてくるのだという。

【水道水専用∞パワーアップ図形】にて、マナウォーターの波動的特性が数倍になったことも多少、影響しているのかもしれないが、この汚れ出せ出せパワーは酷かった。

マナウォーター(大)設置直後のお風呂にはなんと黒い砂のようなものが浮いた。
しばらく通水したあと、溜めてもキレイな水になったので、さっそく入浴してみた。

明らかに体が感じる何かが違う。喜び感が違う。

キラキラ感がぐおー――――と来ている感じである。

数日すると、家屋内の水道管の汚れがだいぶ落ち着いて、マナウォーターの本領が発揮されるそうなので、また後日。

テーマ : 健康 - ジャンル : 心と身体

タイの養命酒?ヤードーン(YADONG)を霊視!


タイでお土産やさんをウロウロしているととってもエグイものを発見した。

タイのお土産ヤードーン

瓶の中に乾燥した葉っぱや木の枝の切れ端がたーくさんつまっているのだ。

★ヤードーン(YADONG)

というそうで、40度のアルコールにつけられていた。
試飲を勧められたので飲んでみた。

なんとびっくり、正気Lv_MAXでいろーーんなことに効きそうなのである。
味は漢方薬っぽいので美味しくはない。

タイ人の店員のおっちゃんが盛んに力コブをつくって、まるでそれがチ●チ●なんだぞと言わんばかりに腕をアゲアゲして「タイ人みんなこれ飲んで元気元気、男も女もエッチ大好き」と繰り返す。

オモロイおっちゃんはどうでもいいのだけれども、すごいパワーを感じたので迷わず購入した。

ワタシが購入したタイ式のヤードーンに入っている植物は下記の通り。

黒ウコン、ミスミグサ、サイトリブスシャナニ、サラシアキネンシス、サルカケミカン、高麗人参、ミッキーマウスツリー、白樺、レイサニシアグラハミ、ランディアシアメンシス、ホワイトアワー、マウンテンハーブ

と12種類である。

現地では40度くらいのお酒と蜂蜜を入れて一週間漬け込んで飲み始めるそうだ。
食後に少量をちびちびやるそうだ。
お酒が全部なくなったら蜂蜜と酒を追加する。
合計3回はいけるそうだ。

タイ式養命酒ヤードーンの効能書きは
滋養強壮、更年期、むくみ、月経痛、快眠、血液サラサラ、利尿効果、精力増進
とのこと。

日本に帰国してワタシはすぐに、お土産で買ってきたヤードーンを作った。
アルコール25度くらいのお酒で1週間つけて飲み始めである。

ひじょーに良い。

しかしタイ式のヤードーンに入れられている植物は、日本では手に入らないよ、なんて現地の人が言っていた。
本当かどうか分からないので、霊視にて日本人の88%の健康に適合した日本式Newヤードーンのレシピを作成してみた。


蜂蜜、秋ウコン、高麗人参、白樺、霊芝(れいし)、ラベンダー、桑白皮

である。

アルコール25度以上のお酒ならなんでもよい。

それぞれの分量は好みでよい。神経質になる必要はないが、一応の推奨分量はある。
重量で決める。

アルコール25度以上のお酒:100
蜂蜜:7.5
ラベンダー:0.5
霊芝:1.5
秋ウコン:3.8
高麗人参:5.7
桑白皮:9.0
白樺:5.9

でも、適当でいいようだ。

女性用には当帰、芍薬、甘草をブレンドするとさらに良いみたいである。

★NEWヤードーンに期待される効用
・蜂蜜
疲労回復

・ラベンダー
自律神経と副交感神経の調整、皮膚、大腸への効果が期待される。

・霊芝
免疫力、血液、

・秋ウコン
肝臓、胃、直腸、膵臓

・高麗人参
生殖器

・桑白皮
利尿、血圧調整、解毒が期待される。
小腸、腎臓に働きかけることが期待される。

・白樺
腎臓、副腎皮質、副腎髄質、脾臓

以上、まああくまでも霊視ですから自己責任でお試しください。

テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

■タイ古式マッサージの概念「セン」を霊視


■タイ古式マッサージの概念「セン」を霊視
 タイ古式マッサージで「セン」という言葉を聞いたことがあるだろう。れんげ工房ではヨガでいう72,000本のナーディの考え方を採用している。当方の霊視では「セン」とはマッサージをする上で機能的に便宜上まとめられた「ナーディの束」であると認識している。
 普通のマッサージではナーディにまで影響を与えることは不可能である。気功師が気を流したり、レイキ・ヒーラーがレイキを流したりすることによってのみ、霊体に存在しているナーディに気を流すことができる。しかしタイ古式マッサージでは潜在的にマントラを用いることによって、肉体をマッサージしながら「ナーディに気を流すこと」もできるのである。ただし、タイ古式マッサージでは霊体を整体したり、チャクラを浄化したりすることはできないことも知っておく必要がある。タイ古式マッサージの対象は、肉体とナーディなのである。

それでは10本のセンについて簡単に霊視検証をする。れんげ工房流の霊視検証であるから、ヨガともタイ古式マッサージの教えとも医学とも異なるであろうことはご承知置きください。下記は某高次元意識体と交信した情報である。

1. セン・スマナ(Sen Summana)
ヨガでいうスシュムナー・ナーディと同じである。
第一チャクラから始まり、第二・第三・第四・第五・第六・第七までを結ぶ一本のセンである。
万病治癒の根幹であり、セン・スマナを流さないことにはすべてが始まらないといっても過言ではないくらい重要な流れである。同様に、セン・イッタとセン・ピンガラももっとも重要なエネルギー流の根幹部分である。

2.セン・イッタ (Sen Ittha)
ヨガでいうイダ・ナーディと同じである。
左の鼻孔→左側を通って→第五チャクラ→右側を通って→第四チャクラ→左側を通って→第三チャクラ→右側を通って→第二チャクラ→左側を通って→第一チャクラ
という流れだ。

3.セン・ピンカラ (Sen Pingkhala)
ヨガでいうピンガラ・ナーディと同じである。
右の鼻孔から始まり、全てがセン・イッタと逆であり対をなすセンである。

4.セン・カラタリ (Sen kalayhari)
第三チャクラを起点として上昇と下降に分かれる4つのラインを総称したものである。
(上昇)第三チャクラから真っ直ぐに乳首の内側(背中と乳首の中心)を抜けて、肩関節の内側に至る。さらに上腕動脈に沿って橈骨動脈と尺骨動脈を含めて指先の動脈へと到達するセン。
(下降)第三チャクラから総腸骨動脈、外腸骨動脈、大腿動脈、膝窩動脈、後脛骨動脈を通って足の指先へと至る動脈のラインである。

5.セン・サハサランシ (Sen Sahatsarangsi)
左目→視神経→小脳→頚神経→右側の胸神経(1-6)→右側の腰神経(1-2)→坐骨神経→脛骨神経→足の指先までの神経→総腓骨神経と大腿神経→第三チャクラ

非常に入り組んだ一連の流れをまとめているセンである。
一般的なタイ古式マッサージの教えとは、首を境に左右が逆転しているように霊視される。

6.セン・タワリ (Sen Thawari)
セン・サハサランシと逆であり対をなす流れである。

7.セン・ラウサン (Sen Lawusang)
左耳のチャクラ→三半規管→内耳神経→橋→頚神経→右側の胸神経(7-10)→右側の腰神経(3)→第三チャクラ→陰部神経叢

8.セン・ウランガ (Sen Uragka)
セン・ラウサンと逆であり対をなす流れである。

9.セン・ナンタクラワット (Sen Nathakrawat)
第三チャクラ→内腸骨動脈→性器にかかわる動脈、
第三チャクラ→正中仙骨動脈

10.セン・キチャナ (Sen Khitchanna)
第三チャクラ→腰神経(4)→仙骨神経→尾骨神経→性器の神経

以上、タイ古式マッサージの教えでいわれる10本の「セン」について、れんげ工房が発見した某高次元意識体(タイ古式マッサージの開発に携わった方)から情報を引き出して霊視して訂正を行った。伝統的な教えや医学的見地からは全く異なる部分があるかもしれないが、そのようなことは当方では一切気にしていない。あくまでも霊視であるからだ。
はたしてこの霊視情報が実際の現場で検証されてどうなのか?そんな報告を楽しみにしている。ぜーんぜんあってなかったよ!でもいいし、まさにその通りだった!でもいいのである。

テーマ : セラピー&ヒーリング - ジャンル : 心と身体

「タイ古式マッサージ」についての霊視

■「タイ古式マッサージ」についての霊視
 タイ古式マッサージは、タイ王国の伝統医学といわれている。タイ古式マッサージが完成したのは、霊視では西暦500年頃ではないかと感じられる。タイは仏教の国であることからかブッダとの関連が信じられているようだが、霊視ではブッダとの直接的な関連は一切感じられない。西暦473年ごろから西暦500年ごろにかけて、小乗教のある天才的な僧侶が、タイ近辺の地域における伝統的な祈祷や手技療法を研究して完成させた施術が、現代のタイ古式マッサージのルーツなのではないかと霊視される。西暦500年当時のタイ地域にはインド系や中国系の各種療法が混在しており、それらのノウハウを非常に機能的かつ能率的に完成させたのがタイ古式マッサージのルーツだといえる。

 タイ古式マッサージは2から3時間かけてゆっくり行うとされているが、これはタイ古式マッサージの極意とは無関係であると霊視される。時間をかけてゆっくりやれば効果が上がるのは当然であり、受ける側も心身ともに気持ちいいのである。長い時間をかけるということの発端は、単にタイ人の民族性に起因するようである。のんびり屋さんが多いのだ。本当のタイ古式マッサージの極意は、マントラにある。タイ人でちゃんと修練を積んだ施術者であれば、たとえ17歳の少女であろうが50歳のベテランだろうが、無意識に祈りのモードに入っているのだ。そして、タイ古式マッサージの施術者は平均的に18%まで開発されたアナハタチャクラの祈りの力によって、念でマッサージをしているようである。本人たちは全くそんなことに気が付いていないはずだ。これは現地で複数のマッサージ師からタイ古式マッサージを受けた、霊能気功師たるワタシの実感である。

 これまでたくさんのマッサージ師やアロマテラピストなどのオーラを測定してきた。中国式、日本式、韓国式、英国式、ロミロミなどの施術者は主に掌や手の指先のチャクラが開発されていることが多い。これは指先に意識を集中して仕事をしているからである。ところがタイ現地でタイ古式マッサージを行っている人々は少女からベテランまで等しく、掌や指先のチャクラは全く開発されていない。アナハタチャクラだけが皆等しく18%まで開発されていたのであった。そして、彼女たちの潜在意識が発するマントラは手指や足を通じてワタシの体内へと入ってくる。念で揉まれるというやつだ。残念ながら2011年8月現在、日本人のタイ古式マッサージ師で、この祈りのモードに入って施術するプロはほとんど存在しないといってよい。日本人の施術者の方々にはぜひ「祈りのモード」を身に着けてもらいたいと願っている。

 では、タイ現地で施術を受けたワタシが感じたマントラとは一体何であったのか、皆様に開陳したいと思う。
 タイ古式マッサージの創始者はシバカゴーマラバットであると信じられている。シバカゴーマラバットはかのブッダの主治医ともいわれる人物である。ワタシの霊視では、タイ古式マッサージの創始者がシバカゴーマラバットであるということは、残念ながら「NO」である。いや、角度を変えれば・・・・「YES」なのである。結論をお伝えしよう。シバカゴーマラバットが転生した姿こそ、西暦500年前後にタイ古式マッサージのルーツを完成させた天才的な僧侶その人物なのである。そして、後世の僧侶たちが練り上げた「シバカゴーマラバットに捧げるマントラ」こそが、タイ現地でタイ古式マッサージを受けたワタシの霊体へと入ってきた、マッサージ師の祈りの正体であったのである。

【シバカゴーマラバットに捧げるマントラ】
Na-Mo-Ta-Sa, Pa-Ka-Wat-Toe, Ar-Ra-Ha-Toe, Sam-Ma, Sam-Phud-Ta-Sa,
Na-Mo-Ta-Sa, Pa-Ka-Wat-Toe, Ar-Ra-Ha-Toe, Sam-Ma, Sam-Phud-Ta-Sa,
Na-Mo-Ta-Sa, Pa-Ka-Wat-Toe, Ar-Ra-Ha-Toe, Sam-Ma, Sam-Phud-Ta-Sa,

Oh-Na-Mo,
Shi-Va-Ko,
Shi-Ra-Sa,
A-Hang,
Ka-Ru-Ni-Ko,
Sap-Pha-Sa-Ta-Nang,
Oh-Sa-Ta,
Tip-Pa-Man-Tang,
Pra-Pa-So,
Su-Ri-Ya-Jan-Tang,
Ko-Ma-Ra-Pat-Toe,
Pa-Ka-Se-Si,
Wan-Ta-Mi,
Pan-Ti-Toe,
Su-Me-Ta-So,
A-Ro-Ka,
Su-Ma-Na-Ho-Mi
Piyo-Tewa,
Manu-Sanam
Piyo-Proma
Namut-Tamo
Piyo-Naka,
Supa-Na-Nam
Pidin-Si-Yam
Nama-Miham
Namo-Buddhaya
Na-Won, Na-Wien
Na-Sathit, Na-Sathien
Ehi-Mama,
Na-Wien, Na-We,
Na-Pai, Tang-Wien,
Na-Wien-Mahaku
Ehi-Mama
Piyong-Mama
Namo-Buddhaya
Na-A, Na-Wa, Roka, Payathi, Vina-Santi
Na-A, Na-Wa, Roka, Payathi, Vina-Santi
Na-A, Na-Wa, Roka, Payathi, Vina-Santi

 このマントラは「目の前にいる患者の苦しみを癒したい」という波動を放っている。タイ古式マッサージの施術をする人は、このマントラを覚える必要も唱える必要もない。しかし、一度はこのマントラの響きを聴いて、自らの胸にその響きをおさめる必要がある。そして唱えようと唱えまいと、施術においては自らの胸に流れるこのマントラの響きに(無意識であっても)身を任せることが大切なのである。そのような「祈りのモード」を一度でも体験してしまえば、無意識のうちにいつでも「祈りのモード」に入ることができる。

 このマントラがその胸におさまると、アナハタチャクラが18%まで開発される。そして一定水準以上のレベルでタイ古式マッサージの形式を、マスターしてる人間の施術がより効果的に働くように、霊体側から働きかけるのである。地球上のどんなマッサージのジャンルにおいてでも、施術者の実力や個性、施術者と患者の相性というものは存在する。タイ古式マッサージの場合、タイ古式マッサージの「形式」と「マントラ」をマスターしているならば、地球最高のタイ古式マッサージ師の施術を100点としても、ちょっとレベルの落ちる施術者は80点となる。施術者による差を20点の範囲におさめ、「形式」と「マントラ」をマスターして普通に仕事に臨むならば誰でも80点以上の施術が行える。それほどまでに完成されたのがタイ古式マッサージなのである。

 信仰体験の薄い日本人のタイ古式マッサージ師ではここまでなかなか到達できない。意欲のある日本人タイ古式マッサージ師さんがいればメールをください。あなたが「マントラ」を胸におさめて「祈りのモード」に入れているかどうか、霊視検証して差し上げよう。有料にてアドバイスを差し上げることも可能である。ぜひ日本人でタイ古式マッサージをプロとして施術している方々には「祈りのモード」をマスターしていただきたい。そうすれば、タイ現地のそれよりもはるかに、タイ古式マッサージの効果をアップさせることができるのではないかと期待している。

テーマ : セラピー&ヒーリング - ジャンル : 心と身体